エルメスのケリーバッグが世界に広まった理由

エルメスのケリーバッグが世界に広まった理由

エルメスのケリーバッグが世界に広まった理由
日本人のブランド好きは世界的にも冠たるものです。有名ブランドは複数ありますが、ここでは誰もが知るエルメスの歴史について勉強しましょう。

創業者のティエリ・エルメス

今でこそ世界中にその名を知られている高級トータル・ブランドの代表選手ともいえるエルメスですが、その創業者であるティエリ・エルメスは馬具を製造している職人でした。彼は1837年にパリに店をオープンしますが、しばらはく馬具店の時代が続きます。

世界に冠たる質を維持している理由

しかし、この前身が馬具点であった事が良かったのです。そのおかげで今日でも皮革製品であの世界に冠たるクオリティを維持しているのです。なぜなら皮革製品の中でも特に馬具は製造において高度な技術を必要とします。エルメスのバッグには馬具を作る事で培ってきた技術が随所に散りばめられています。

ケリーバッグ

あのケリーバッグも実は鞍を入れる鞄が原型だと言われています。またファスナーが開発される前に、動いても鞄の蓋がちゃんと閉まるように工夫されたのがベルトで留める方式です。実はベルトは単にデザインのために取り付けられたものではなくて、あくまでも機能面で考案されたものだったのです。以来、蓋をベルトで留めるデザインのバッグはケリーバッグとして今の女性にも人気の商品として君臨しています。

ところでケリーバッグと呼ばれるようになったのは、モナコの王妃となったハリウッドスターのグレース・ケリーが1956年に愛用のバッグで妊娠した腹を隠した写真が、雑誌のライフの表紙を飾ってからと言われています。しかし別にグレース・ケリーのためにわざわざデザインされたものではなくて、バッグ自体は「サック・ア・クロア」という1935年に発表されたものであり、すでにエルメスの定番でした。

ですが、このバッグがケリーバッグと呼ばれだしてから、世界中で売れるようになったのです。やはり美人の影響力は普通の人よりもあるのでしょう。

Hermès公式サイト

シルバーアクセサリーブランド「Justin Davis」について

シルバーアクセサリーブランド「Justin Davis」について

シルバーアクセサリーブランド「Justin Davis」について
私はシルバーアクセサリーを好み、その中でも「Justin Davis」というブランドが1番好きです。

Justin Davisアクセサリーの特徴

アクセサリーブランドには色々とロゴや形のモチーフに特徴があるのが鉄板ですが、もちろんこのJustin Davisにもあります。
そしてその象徴となるモチーフはクラウン(王冠)です。

どのアクセサリーブランドでもクラウンを取り入れている品物はありますが、Justin Davisはその中でも特にクラウンを重視して象徴にしている蛍光にあります。
シンプルな物から、ゴツめのものまで幅広く取り揃っており、ペンダント、リング、ブレスレッドだけでなくネックレスのチェーンも全部クラウンで揃えるのが可能です。私もそのクラウンが大好きで好む様になりました。

Justin Davisを持つ人達の特徴

このブランドを持つ人達は主に、ホスト、バンドマン、バンドギャル、キャバ嬢、とお兄系、ギャル系の人達が好む傾向が多いみたいです。

シンプルでシルバーアクセサリー感のカッコよさをかもしだしているのが特徴で、男らしすぎず、可愛すぎずと、クールな感じの品物が多いので、主にカッコつけたい男性(ホスト、バンドマン)が好み、そういうジャンルの好きな女性達もつられて好きになっているみたいです。

Justin Davisの一押し商品

一番人気商品は「Medieval Wedding Band Ring」こちらになります。
クロスと王冠をかたどり、シャイニーといぶしがあり、シンプルでかつ合わせやすく約28000円と値段もお手頃で男女共に好かれている商品です。私も持っていますし、Justin Davisを付けている人は大体これを付けている人が多いです。

まずは入門編で何かリングを買うならこれを買ってみては如何でしょうか。

以上、私が大好きなブランド「Justin Davis」についての特徴やお勧め商品の紹介でした。

ルイ・ヴィトンの長財布について

ルイ・ヴィトンの長財布について

ルイ・ヴィトンの長財布について

高校時代のルイ・ヴィトンの思い出

私は高校が女子高でしたが、クラスの7割がルイ・ヴィトンの長財布を持っていました。みんなアルバイトでお金を貯めて買ったり、誕生日プレゼントで親に買ってもらったそうです。うちのクラスだけでなく隣のクラスの友達にも話したら同じだと言っていました。

親も私が高校時代に役員会議に参加した際、周りの保護者はみんなルイ・ヴィトンの手帳を持参していたと言っていました。生徒、保護者のルイ・ヴィトン所持率の高さに、将来ルイ・ヴィトン高校になるなと思いました。

社会人になってルイ・ヴィトンに憧れる

短大を卒業して社会人になりたての頃、一つ年上のいとこがルイ・ヴィトンのバッグと財布、キーケースをお給料やボーナスで購入したと聞き、自分もルイ・ヴィトンに憧れを持ちました。ですがまだ就職したばかりで仕事も安定していなかったこととお金もなかったことから、もう少し働いてから購入しようと思いました。親や祖母にねだった時期もありましたが働いているのだから自分で買うように言われ、結局自分で買うしか方法はありませんでした。

買い取りショップに行きルイ・ヴィトンに惹かれる

本を売りに買い取りショップに行った際、待ち時間中ルイ・ヴィトンのコーナーがあったため見ることにしました。長財布で程度のいいものが4万円で売られていたため惹かれてしまいましたが、金欠のために断念しました。

今までもルイ・ヴィトンとは縁がありそうでなかなか購入までに至りませんでした。ですが、考え方によってはこれはルイ・ヴィトンを近く購入するという前触れかもしれません。ルイ・ヴィトンとはもう縁がないと諦めずにこれからもルイ・ヴィトンに夢を持ち続けていきたいと思います。